全国の学園祭スケジュール

全国の大学、専門学校、高校の学園祭、大学祭、文化祭の開催情報を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010年11月20日~ 岐阜経済大学 / 岐経祭2010 (岐阜)

■学校名 岐阜経済大学
■学園祭名 岐経祭2010
■開催日 2010年11月20日(土)~21日(日)
■住所 〒503-8550 大垣市北方町5-50
■HomePage http://www.gifu-keizai.ac.jp/guide/entry/2010enjoy.html
■交通手段 スクールバス(名阪近鉄バス)
大垣駅5番乗り場(大垣駅南側)
または、大垣駅北口から「経大スクール」乗車。約10分
大垣駅前1番乗り場(大垣駅南側)
または、大垣駅北口から「経大行」乗車。約10分
路線バス(名阪近鉄バス)
大垣駅前1番乗り場(大垣駅南側)
または、大垣駅北口から「大野バスセンター」乗車(約10分)
三ツ屋下車後 徒歩5分。


今年のテーマは「ENJOY~楽しんだもん勝ち~」
上記のテーマにした理由は、我々岐経祭実行委員と、学生・教職員のみなさん、来場してくださったお客様みんなに楽しんでもらいたい、一人一人が楽しむことこそ岐経祭に参加した証だと思ったからです。最後にはきっと、参加者全員で一つのモノを作りあげた感動を共有できると思います。

岐経祭の目玉はステージだ!
岐経祭の目玉は何といっても東海一のステージ、そのステージで繰り広げられるレーザーショー、メロリンQ、GSB(ギャッツストリートボーイズ)は、岐経祭の見所です。レーザーショーは花火とレーザーが凄くマッチしていて幻想的な雰囲気で感動的です。そして、最後のGSB(ダンス)は皆一緒になって踊り、喜びや楽しみを共有することができます。簡単な踊りなので、皆さん一緒に参加しませんか。
岐経祭のコンサートは野外ライブで入場料は無料となっています。 

20日:「SCANDAL」野外コンサート 無料!(14:30開場 15:00開始予定)
21日:後夜祭(15:00開場 15:20開始予定)
今年はガールズバンドで有名なアーティストを企画しました。「SCANDAL」が無料で見られるのは岐経祭だけです。一年に一度のお祭りを皆で楽しみましょう。企画ものでは、バンドあり、クイズあり、ビンゴあり、様々な楽しみがあります。また豪華商品が目白押しです。

無料ライブ整理券配布及び注意事項
11月20日に行われるライブでは混雑が予想されるため当日に整理券を配布することとなりました。配布場所や注意事項は下記の通りです。

配布日時:11月20日(土) 10時00分~
配布場所:本部前にて
開場時間:14時30分~
開演時間:15時00分
※整理券は数に限りがございます
<注意事項>
●会場内に酒類、危険物等を持ち込むことはできません。
→会場内で上記を使用した場合は没収及び退場とさせていただきます。
●会場内は禁煙です。喫煙は灰皿のある場所でお願い致します。
●公演中前に押し寄せたり、タオルなど物をステージに投げる様な行為は、危険ですので絶対にしないでください。
係員の指示に従わない場合は、やむを得ず退場、もしくは公演中止になる場合があります。
●会場内での撮影・録音機器の持込み及び使用は厳禁とします。(カメラ、レコーダ、ビデオ等)
●会場内での携帯電話等の使用は禁止致します。入場時に電源をお切りください。
※当日は、係員の指示に従って行動してください。
係員の指示に従わずに生じた混乱、事故について主催者側は一切責任を負いません。

以上のことをお守り頂けない場合はやむなく退場という措置をとらせていただく場合がございます。
その際、お客様に身分証の提示をお願いすることがございます。
迷惑行為を見つけた際、近くの警備までご報告いただきますようご協力ください。
ライブが素晴らしいものになりますよう、皆様のご理解ご協力をよろしくお願い致します。

~テント村~
岐経祭では、模擬店のことを「テント村」と呼んでいます。いろんな部活やサークルがたくさんテントを出すのでどんどん回って声を掛けて下さい。今年は、たこやき、焼きそば、リンゴ飴、お好み焼き、からあげ、輪投げ、じゃがバター、豚汁など定番の模擬店の他、メイド喫茶、文化サークルの展示会など盛りだくさんです。

自分達で作った装飾にも力が入っており、グラデーションを取り入れたりしています。学生会、岐経祭実行委員会のメンバーだけではなく、スポンサー企業の皆様、そして、ご来場下さったお客様の一人一人が岐経祭に参加し、一人一人が主役になれるような岐経祭にしたいと思います。全員で一つのモノを作りあげたときの感動を伝えたい、この思いが皆様に伝われば幸いです。11月20日、21日の限られた時間の中ですが、岐経祭を楽しんでいただきたいと思います。


スポンサーサイト

| 中部・北陸 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuensai123.blog102.fc2.com/tb.php/3-f0a7f980

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。